金融における決算の定義

金融機関を問わず各企業において決算は、4半期及び半年に1度収支の発表を行い株式会社であれば株主総会を開催し、株主に収支を詳細を説明し、役員の選出が行われます。企業の経営状態は瞬時に変わる事も多いので、決算の情報も投資家にとって大きな材料になりますので、金融商品を扱う企業にとってはこの時期は非常に重要な時期で企業の経営状態を省みる時期としてはとても良い時期になります。多くの投資家は、この時期に企業の将来性を見通し株を購入する事も多く株価の動向を見守る事になります。この時期の前は買いが増えて、この時期の後は売りが増えるのも特徴です。

金融と決算

決算の時期は会社によって異なる

金融において決算というのはどの会社にとっても大切なものです。これは一般的に4月頃だと思っている人が多いですが、決算というのは会社によって時期が異なることを覚えておきたいものです。投資で情報待ちをする場合など、その時期をしっかりと各社で確認しておかなければ、自分の計画とは異なる時期な場合もあるので注意をしたいものです。また、年間に一度ということはなく、年間に何度か細かい報告をする会社もあります。このように金融会社によって時期や回数は本当に違いがあるので、一般的に4月だと思っていても、そうではないこともあります。

主な金融機関の情報

© 金融機関から借入する. All rights reserved.