定量的な金融の分析がクオンツ

クオンツとは、金融の様々な分析に定量的な方法を用いることを指します。投資戦略を考える際などに用いるもので、例えば量子力学のモデルを応用したり、あるは熱力学の分野を応用したりすることによって、マーケットを分析することもあります。このような手法が流行ったのは1,908年代のことで、ロケットサイエンティストが相場にかかわるようになったことによって、数学を用いたモデルが形成されるようになったのです。デリバティブの分析などにも用いられるようになり、金融工学という新しい分野が形成されて研究が進んでいるのです。

金融と決算

クオンツスコアーとは

クオンツとは英語で数量的、定量的という意味の「Quantitiative]からの派生語で、高度な数学的手法や数理モデルほ使って株式などのマーケットを分析したり投資戦略や金融商品の開発、考案するときに使う手法でその専門家のことも指すことがあります。もともとは1980年代にNASAのロケット工学を専攻した科学者が量子力学などの手法を工学として取り入れたのが始まりでデリバティブ取引やリスクマネージメントといった分野で用いられるようになりました。過去の市場データや企業業績の推移などといった数値化できる情報のことをクオンツスコアといい、それを用いて金融の予測モデルを構築して投資判断をします。

主な金融機関の情報

© 金融機関から借入する. All rights reserved.