金融業者の規制について

お金を借りたい時に、業者によって規制があります。代表的なものとしては銀行に適用されていないですが、消費者金融等に適用される総量規制があります。これは年収の3分の1以上の借入が出来ないという縛り設定になっており、年収に対して無茶な借入を防ぐ働きがあります。利息に関係するものとして上限金利というものがあります、こちらは金利の上限を設定して、金融業者がこれ以上の金利を請求する事が出来ないという法律になっています。高利貸しと言われた時代は高額な利息を請求されて破産者が続出しましたが、こういった縛り設定によって借金に困る人を減らしています。

金融と決算

簡単な総量規制の説明

総量規制とは金融会社に対する貸金業法に規定されている法のことです。どういった規定であるのかというと、個々人の年収の3分の1以上の借り入れはできない、としたものです。これによって、多重債務者の削減をする狙いがあります。しかしながら、この規定の対象外となっている借り入れもあります。それは、銀行等の金融機関からの借り入れです。あくまでも総量規制は、貸金業者からの借り入れにのみ適用される貸金業法の規定ですので、銀行等の機関からの借り入れに関しては抵触していないのです。これをうまく利用して、無理のない返済計画とカードローンをしてみてください。

主な金融機関の情報

© 金融機関から借入する. All rights reserved.